行きつ戻りつ・・・






DSCN0303 (800x600)






小箱に納めた 私の欠片を

少女は嬉しそうに 両手で抱え旅立ってゆく



何処か知らない遠くの街の 大きな杉の樹の下の

地中深くに 埋められた

いつか小箱の螺鈿も剥がれ 水を含んで朽ちてゆく



掘り返される事も無く 欠片は土と同化して

風に運ばれ 舞い上がり

雨を含んで 降りて来る



お山の尾根を 転がって

沢の水面に寝そべって

私の元に 帰りつく

長い長い 旅をして・・・









Todd Yaniw- Maurice Ravel: Sonatine.










DSCN0366 (800x600)





言葉を持たない 感情が

冷たいお空で 飽和して

彷徨いながら 漂えば

やがて ましろな薄綿に







DSCN0368 (800x600)





千切れぬように そっと集めて

重ね重ねて 幾重にも

ふわりと 厚みが出たならば

木綿の袋に 寝かせましょう







DSCN0372 (800x600)





あなたの糸で 想い出の数だけ綴じて

お陽さまで ゆっくり温めて

ふかふかの お蒲団を作りましょう

肌寒い夜は 包まって

真綿になる前の 記憶を訪ねてみましょう・・・







DSCN0310 (800x600)





川霧となり 沢を渡れば

辺りの音を 呑み込んで

小鳥の声さえ 聴こえない






DSCN0345 (800x600)





時折 ばさりと落ち枝の

驚かせるよな 樹のくしゃみ





DSCN0309 (800x600)





私は小さな石になり 静寂の中に転がって

この霧が晴れるまで 此処にいたいと願う






DSCN0322 (800x600)






澄んだお水は 霧の中でも透明で

ただ 柔らかく 柔らかく・・・







DSCN0304 (800x600)






微睡み・・・




濃い霧の中で 停止したように感じられる時も

其処にあるものは 別段変わる事のないあるがままの姿

でも ちょっと疲れた時は

やさしいファインダーを通して 眺めていたい景色・・・







時々 抜け出せなくなりそうになるけれど・・・











昨日は 少しだけ霧に包まれた時間がありました

動きたくなくなって 暫く留まっていました

とても居心地が良くて・・・





両足のプロテクターが完成し 装着して見ました

とても使い心地が良くて たくさん歩く事が出来そうですが

慣れるためのトレーニングが必要だそうです

今日から 頑張って歩行訓練開始!

まずは あんよは上手からです  (*´艸`*)




霧の写真 もう少しあるので 明日もきっと・・・ ^^







まり
スポンサーサイト
Compact Menu Box

«  | HOME |  »

TOP

MENU

NEW↓

10181016101510141013

COM↓

TB↓

ALL Adm