霧の旋律





DSC_1827 (800x533)





暗譜している筈のメロディーは

いつの間にか編曲されながら

まったく別のものにへと変わってゆく



私の黒鍵から滑り落ちた指が

あなたの 白鍵に落ちる

不協和音が響かぬように

もうひとつ 音を足そう



不安定な旋律が 霧の中に響く・・・







DSC_1855 (800x533)





あの線が 切れかかっているの

あそこのピンが 緩んでいるの

硬くなったフエルトは 思う音が出なくなる

調律師は 遠い旅先から 時折生きていると知らせるけれど・・・




心のひとつが 半音ずれて

霧の中に溶けてゆく・・・









Brahms Intermezzo A Major Op 118 No 2 Lupu Rec 1976.wmv








DSCN0327 (800x591)





夏はまるで 霧の中で眠ってしまったように

照る事も忘れ 去ってゆく





DSCN0335 (800x600)





人もまた 夏を忘れ

肌を 少しずつ隠してゆく





DSCN0323 (800x600)





秋を見つけました・・・





街ではまだ 残暑が燃え残っているけれど

お山では もう あちらこちらに秋風の足跡が・・・







DSCN0334 (800x600)





この霧が晴れる頃

少し 心が整うといいな・・・





DSCN0336 (800x600)





末端の神経の先にまで

意思を伝えるのは 自分しかいないから





DSCN0339 (800x600)




背中を使い 腰を使い

ちゃんと呼吸をしよう





DSCN0341 (800x600)





しまった まだ頭の中が霧の中だ・・・






DSCN0348 (800x600)





あっ・・・光を見つけたよ・・・






DSCN0343 (800x600)





こんな薄暗がりの中でも

お花が咲いていました



泣き疲れているようだったけれど

とてもとても美しかった・・・








まり
スポンサーサイト
Compact Menu Box

«  | HOME |  »

TOP

MENU

NEW↓

10181016101510141013

COM↓

TB↓

ALL Adm