付喪神のひとりごと






DSC_2342 (800x535)





おいらが生まれてから まだ百年は経ってやしないけど

身体が屋久杉で出来ていた為か 

はたまた 彫師が魂を入れてくれたのか

いつの間にやら 付喪神なんてぇものになっていた



おいらを 時々懐に入れ

散歩に出かける人間の

あーたらこーたら 聴きながら

うむ うむ うーむ てな相槌を打っている





人間なんてぇ商売は 元々上がりが少ないもんさ

ちょっと勇気を出そうもんなら 自負なんて言われちまう

見たい夢を さらさら綴りゃぁ

欲深なんて 思われちまう

ちょっと身体でも悪くすりゃぁ 時間てもんを奪われちまう




やれやれ・・・厄介な事だ・・・









MattRach - This is L








DSC_8487 (800x598)






何をぶつくさ言ってんだよぅ・・・






おやおや お目覚めかい?

どうしてたんだい 二階はえらく静かだったじゃないか

クダの仕事は無いのかい? おこんさん

そういや あの辻占の旦那 最近とんと見かけないね




薄情なもんさね きっと新しいクダでも手に入れたんだろう

古巣の竹筒に ちょっと罅が入ったくらいで

もう好きにしていいって お役を解かれちまったんだよ

取り換えの効くものは どんどん新しくして

最後まで大事に使うなんて もうそんな時代じゃぁないのかねぇ・・・




へぇ~ 管狐がそんなにいるとは思わないけどね




そうだわねぇ こんな古物屋の蔵だっていつまであるんだか・・・

たまにはあたしも お散歩に行きたいもんだわ

あーたらこ―たら聴くくらい いいじゃないか

外の空気も ちっとは吸わないと

こんな黴臭い匂いばっかりじゃ 気が滅入っちまうよ








DSC_0100 (800x533)






この間 此処の主人が虫干していた古本があったろう?

あれも如何やら お仲間のようだね

ものを言ってるのを聴いちまったんだよ




へぇ~ じゃぁその内いつか喋り出すだろう

大体 こんな粗末な古物屋を出たり入ったりしてるやつは

大抵 喋れるってもんだよ







DSC_5579 (800x535)






そう言えば 主人が下げてる鬼灯の根付があったろう?

初の頃はきゅっと口を結んでさぁ そりゃぁ真面目な顔だったのに

近頃じゃぁ だらしなく開けた口をきき出したようだよ

何だかこの頃 出かける度に養生所ばかりで

何なら 養生所で寝泊まりしたらどうなんだいってな愚痴を

主人に訴えたとかなんだとか・・・








DSC_0136 (800x533)






世間じゃぁ おてんとさんも出たって言うじゃないか

ねぇ クマさん この蔵にもちったぁ風を入れて欲しいってもんだよ




あぁ・・・そうさな まるで身体に白粉でも塗したような黴だ







やれやれ・・・蔵の中が騒がしくて行けないよ

定吉 ちょっと蔵の錠前を閉めてきておくれ

こう煩くちゃ 夜もおちおち眠れやしないよ

明日も明後日も養生所に行かなくちゃいけないんだからね








まり
スポンサーサイト
Compact Menu Box

«  | HOME |  »

TOP

MENU

NEW↓

10181016101510141013

COM↓

TB↓

ALL Adm