花の足音

2020 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

月のきれいな夜に・・・

2017/09/02(Sat) 18:58





DSC_0611 (800x533)





あっ!

頬の擦れた小砂利の道は もうとても冷たくて

思わず掴んだ野の草を ぎゅぅっと握り締めたら

指の間から 青い汁が滲んで垂れた



思うように動かない身体が悔しくて

真っ直ぐに届かない心が悔しくて・・・



風が轟々吹いてたけれど

何かが混じって聴こえて来たの

這えば立て 立てば歩めと言うように

頑張れ頑張れとあなたの声が


私は奥歯を噛みしめて グッと身体を起こしてみたの







DSC_0628 (800x533)





そこには 短いけれどきれいな虹が輝いていた



ありがとう あなた・・・









DSC_0606 (800x533)





今夜は きっと晴れる気がして

秋刀魚を買って帰った

客人は まだ居てくれるだろうか・・・









Debussy Clair de lune








DSC_0395 (800x533)





あぁ・・・まだ居て下さって良かった・・・

今夜は月が観られそうでしたから ご一緒しませんか

えぇ・・・大したものはありませんが



これは 丘ヒジキとイカ刺しの生姜醤油和えです






DSC_7711 (800x533)





さっきね お使いの帰りに虹が出ていたんですよ

短いけれど とてもきれいだったんです

懸け橋になる途中の虹でした






DSCN0471 (800x600)





あら 嫌だ 雲が厚いのね・・・

でも観えて良かった

今夜は晴れる気がしたもの





DSC_0406 (800x533)





昼間 鱗雲を観たら秋刀魚が浮かんで・・・

もう 秋ですね・・・




でもね さんま苦いか塩つぱいかなんて

そんな風に 口に入れたくない・・・

こんな風に 美味しいねって笑って背中の身をほぐし乍ら

秋を感じながら頂きたいわね







DSC_0142 (800x533)





あの人 今頃どうしているんでしょうね・・・

寂しくないのかしら・・・






嫌だわ つい・・・

ごめんなさい 私ったら・・・







DSC_0536 (800x533)





あら 白髪が・・・




お身体の具合は如何なんですか

あなたは 何にも仰らないから・・・

こちらにいる間に 少しお元気になって頂けるとうれしいのだけど・・・








DSC_8483 (800x533)





夕べから随分と冷え込んで 

寒いでしょう お蒲団大丈夫ですか?

お汁代わりに 温かい水餃子も食べて下さいね




あら 雲が晴れて来ましたよ 

ねぇねぇ 外が明るくなって来たみたい

ほら 虫の声が聴こえてる・・・







DSC_0579 (800x533)





せっかくのお月さまなのに・・・もぅ・・・

疲れていたんですね・・・







無性に膝が寂しくなって あなたの頭を乗せてみる

一度だけ・・・一度だけ・・・

お座布団より 柔らかいもの・・・

悪態付いた お詫びだもの・・・




あの人に きっと怒られる・・・

あの人に 叱られるから・・・

だけど 人肌恋しくて・・・





秋のせいにしてしまおう・・・

ぜんぶぜんぶ 秋のせい・・・

膝が冷たく凍えているのは

きっときっと 秋のせい・・・









まり
随行 コメント:- トラックバック:-
Next Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク