風に吹かれて歩こう Ⅱ








DSC_1081 (800x533)






芒の野に抱かれれば 心はあなたの腕の中

ゆらりゆらりと揺れながら 冷たいお空に靴が鳴る

囁き声が耳たぶ染める 人生の秋につむじ風









Fantasia A minor, BWV 944 by J.S.Bach - DoubleBeats









DSC_1095 (800x533)






久し振りのお天気だね チャーリー ^^



おぉっ! 見渡す限りの山々山 いいねぇ・・・





お空が青いって言うだけで 不思議と元気が出るよね

何故なんだろう?

北国の性なのかしらん?







DSC_1157 (800x533)






うわぁ・・・ さぁ チャーリーお覚悟を!




うむ・・・いやぁ ボクはキミに乗ってるだけだから

足元に充分注意してね









DSC_1122 (800x533)






こんな橋 本当に久し振りだね

渡ってからも振り返って も一度眺めたくなるね








DSC_1140 (800x533)






あっ!沢だよ チャーリー水に触って行こうよ!






DSC_1143 (800x533)







凄い水流だねぇ・・・

今日は少し暑いくらいだから 気持ちいいねぇ・・・








DSC_1150 (800x533)





うわぁ! なんてきれいな水なんだろう!

チャーリー 今まで見た中で 一番きれいだね

冷たっ! ねぇねぇ すごーく冷たいよ







DSC_1153 (800x533)






ねぇほら 木漏れ日の中でお花も咲きそうだよ

こんなに薄暗くても お花は陽の匂いを嗅いで

ちゃんと命の循環を重ねているんだね







DSC_1159 (533x800)






あっ! チャーリー ねぇねぇ この幹凄いねぇ

頑張っている木だよ

きっとたくさんの年輪が記されているんだろうなぁ・・・

今までも 色々な時代を潜り抜けて来たんだろうね






あぁ そうさ

異常気象や天変地異を耐え抜いて こうしてどっしりと立っている

周りにいる樹々も 元気を分けて貰っているんだろうね






DSC_1160 (800x533)






あっ また橋だよ

何だかワクワクして来たよ






慌てないで! それがキミのいけない処さ

ゆっくりでいいんだ 

急いでもゆっくりでも 目的地は逃げたりしないんだよ





そうだね チャーリー

ひと筋の年輪は 走っても歩いてもひと筋なんだよね

ボクは つい忘れちゃうんだ・・・

じゃぁ ゆっくり橋を渡ろうか・・・











まり
スポンサーサイト
Compact Menu Box

«  | HOME |  »

TOP

MENU

NEW↓

10181016101510141013

COM↓

TB↓

ALL Adm