花の足音

2020 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

屋根裏に広がる青空を見たんだ Ⅰ

2019/03/02(Sat) 01:05



DSC_1514 (531x800)
「音」 相ケ瀬 元歩



ハーモニクスの響きのような まろく膨らむ骨振動

揺らぎの中で生まれる核を あなたの鎖骨に押し当てて

一オクターブの時差を持ち 澄んだ音に共鳴す






Kaori Muraji - 村治佳織 - Recuerdos De La Alhambra - アルハンブラの想い出






DSC_1408 (800x533)


「 もうひとつの美術館 」と言う 小さな美術館があります

明治・大正の面影を残す小学校の廃校舎を利用した
小さな小さな美術館です

ずっと来たかった場所でした




DSC_1403 (800x533)


一時間程かけて 車で向かったのですが
「 本日休館 」
だってちゃんと調べて来たのに?

人がいたので訊いてみると
「 Googleに冬季休館が表示されなくて 済みません・・・
今は 青木邸の方で展示しています 」

それは知っていたのですが 此方の建物の中も観たかったので・・・
うーん 残念ですがしょうがありません




DSC_1405 (800x533)


でも 時間を見るともう少しゆとりがあったので
そこから十分程で行ける 馬頭の広重美術館に立ち寄りました

広重美術館の事も書きたいのですが
やはりその前に 「もうひとつの美術館」のご紹介をしたくて
昨日 作品の写真を撮りに行きました

此方の建物では 3月15日から
「ちがう、をうみだす  自然生(じねんじょ)クラブとクレアム」が展示されます


自然生(じねんじょ)クラブは 
筑波山南麓をフィールドに、知的ハンディキャップのある人たちと共同生活をしながら、
有機農業を中心とした環境運動に取り組んでいます。
一方、その生活から生まれた感性を太鼓やダンス、絵画、演劇、造形などで表現する
田井ミュージアムを運営し、ヨーロッパでの公演を契機に、
アール・ディフェランシェ(Art différencié:異才の芸術)を実践する芸術団体との交流を深め、
2009年には、国際交流基金より地球市民賞を受賞した特定非営利活動法人です。

「自然生(じねんじょ)」とは
野生の山イモ「自然薯」のように、力強く大地に根を張る活動でありたいという願いと、
「自(おの)ずから然(しかる)べく生(い)きる」という意味を込めて名付けられたそうです。





DSC_1486 (800x512)


説明が長くなりましたが そんな訳で昨日
以前載せた事のある 旧青木家那須別邸に行きました


では どうぞごゆっくり・・・




DSC_1490 (576x800)
「はだかんぼ1」 川村 紀子




DSC_1496 (800x533)
「ジェットコースター」 伊藤 祐





DSC_1507 (533x800)
「葉っぱ」 清水 慶武




DSC_1546 (560x800)
「ネコ」 尾崎 文彦




DSC_1516 (800x533)「ヒロ」 桒原 浩幸









明日に続きます





まり
お散歩 コメント:- トラックバック:-
Next Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク