花の足音

2020 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

泣きっ面に蜂

2014/09/21(Sun) 02:31



George Winston Moon.wmv














病院の夜間通用口を出たのは 深夜零時を回っていた

午後 義母が倒れて 救急搬送された

腸閉塞の疑いだった

弱っている為 手術も内視鏡も不可能で

点滴しか出来ず 後は 祈るしかないと言われた

処置に時間が掛かり 六時間 ただ通路にいるしかなかった

急変を覚悟して下さいと言われた













泣きっ面に蜂 と言う 言葉がある

なんで辛い事はかさなるんだろう・・・




震災の後に 雪が降るように



内科系の病気に耐えながら 外科系の病気になるように

義父のセクハラに泣きながら 子供を死産するように

義母の介護に振り回されながら 夫に浮気されるように

震災の余震に怯えながら 病気の愛犬を見送るように

自分の手術の前日に 義父の遺体を発見するように













誰でも 色々あるのだろうけど

なんで神様は 一つずつにしてくれないんだろう・・・

一つずつなら まだ 頑張れるのに・・・

何もこんなに 落ち込んでいる時に

またこんなに辛い事が重ならなくてもいいのに・・・














真っ暗な道を 手探りで歩いている様だ

夜目にも そのうち 慣れていくだろうか

こんな暗闇じゃぁ お花は枯れてしまうに決まってる













咲けるのは 影だけなんだ・・・きっと

実体は もう うーんと離れた所にあるのかも知れない

私の影は 少しは幸せを味わっただろうか

影は地面に張り付き 空を飛ぶ事も出来ない












お月さまの中に入って

慰めてもらう事くらいは 出来たのかも知れないけれど・・・










まり
煩悩 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://tiriyukuhana64.blog.fc2.com/tb.php/570-b8dbb590
Next Home  Prev

プロフィール

まり

Author:まり

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク